♥免責とは?

自動車保険で耳にする、「免責事項」や「免責金額」という言葉は聞いたことはあるけど・・・・・。どういう意味だろう。

ということで、調べてみました。

保険の「免責」とは?

「免責」とは、損害が発生しても保険会社が保険金を支払う責任を負わないことをさします。

車両保険の免責とは

事故などにより車が破損してしまった場合に、その修理費用などを補償してくれるのが車両保険です。しかし、必ずしも保険会社が全額を負担しているわけではなく、自己負担金として数万円を支払うこともあります。それが「免責金額」と呼ばれるものです。

たとえば、地震、噴火、津波による車の損害は免責であり、補償されません。つまり、地震によって車が全損した場合、その修理費などは補償されず、自己負担となってしまうのです。

車両保険を付帯される際には、免責事項や免責金額のことも踏まえて契約内容を確認しておくことが大切です。

車両保険の免責金額について

免責金額とは、保険加入者が自己負担する金額のことをさします。

たとえば、事故によって30万円の修理費用が発生し、免責金額が5万円だった場合、5万円は自己負担となり、残りの25万円が保険会社から保険金として支払われます。保険に加入する際は、保険会社や契約内容によって免責金額の設定額が異なりますので、事前に確認しましょう。

車両保険では、免責金額を設定します。免責金額を高く設定すれば、万が一の事故の際の自己負担額は多くなりますが、保険料を抑えることができます。保険料を少しでも節約したいと思われる方は、免責金額を高めに設定することをオススメします。

全損してしまった場合は免責金額が発生しない

免責金額は、一部の修理が必要といった「分損」に限ったものです。事故によりバンパーが凹んでしまった、ドアにキズがついてしまった、一部の塗装が取れてしまった、といった部分的な修理であれば免責金額分の自己負担が必要となります。

一方で、「全損」の場合(車を修理できない、または修理費がご契約の保険金額以上になる、盗難にあって車が見つからない)は、この免責金額は発生しません。つまり、自己負担金なしで、ご契約の保険金額をお支払いすることができます。

ちなみに「分損」とは損害保険の対象となるものの損害が、修理可能な状態で、かつ修理費が時価額もしくは保険価格を下回る場合をいいます。

車が破損した場合に、分損扱いになるのか、全損扱いになるかによって自己負担額が変わります。

自分の契約内容と免責について把握しておこう

自動車保険を契約する際には、免責事項や免責金額のことも踏まえて契約内容を確認しておくことが大切です。内容を把握せずに契約してしまうと、万が一の時に、思いもよらない出費が発生してしまうことがあるかもしれません。