♠車の保険のお話 自賠責保険

自賠責保険とは?

自賠責保険は、すべての自動車は自賠責保険を付けていないと運行することはできない締結になります。自賠責保険の契約は自動車1台ごとに締結しなければなりません。

保険金が支払われる損害の範囲

傷害による損害・・・積極損害(治療関係費、文書料、その他の費用)、休業損害、慰謝料

後遺障害による損害・・・逸失利益、慰謝料

死亡による損害・・・葬儀費、逸失利益、慰謝料

(注)死亡に至るまでの障害や後遺障害が確定するまでの傷害にによる損害については、障害による損害と同様です。

保険金の支払限度

・傷害による損害・・・最高120万

・後遺障害による損害

常時介護が必要な場合は最高4000万

随時介護が必要な場合は最高3000万

・死亡による損害・・・3000万

保険金額は、被害者1名当たりのものであり、1事故当たりの限度額がありません。また、加害車両が複数の場合は、それぞれの車について、被害者1名につき上記の限度額が適用されます。例えば2台の加害車両が1名の被害者を死亡させた場合は3000万円×2台分=6000万円が限度額となります。

今までで人身事故では損害賠償額が5億円を超えるような判決例があります。任意保険に加入していない場合、自賠責保険の限度額を上回る額は自己負担になります。

とても支払うには難しい金額ですよね。

運転する人全員が、いつ事故を起こしてしまいこのような損害賠償を請求されるかわかりません。今一度、任意保険に加入していない方は再度ご検討いただけたらと思います。