♠車の保険のお話 任意保険 対人賠償保険とは

今回は任意保険の中の対人賠償保険についてお話させて頂きます

対人賠償保険の過失割合

交通事故を起こして相手に大怪我をさせてしまった場合、治療費に500万円かかった場合、自分の過失割合が60%だったら相手に補償される金額はいくらだろう?下記の条件の場合

・対人賠償保険金額(無制限) ・被害者に対する損害賠償責任の額(500万)

・自賠責保険で支払われる金額(120万円) ・加害者の過失割合(6割)

対人賠償保険の補償金額は、下記のような計算で求められます

(損害額×過失割合)-自賠責保険の補償額=対人賠償保険金の支払額

(500万円×0.6)-120万円=180万円

対人賠償保険金として支払われる賠償金額は180万円ということになります。

ただ、実際に相手に支払われる賠償金額は、対人賠償保険金180万+自賠責保険金120万の合計300万円になります。

この300万円というのが、自分の過失割合60%の金額です。

治療費に500万円かかったけど、相手も40%悪いので残りの40%分(200万円)に関しては自己負担になります。

もし、自分が被害者だったとしたら、この自己負担分の200万円を負担してくれる保険として『搭乗者保険』や『人身傷害保険』などがあります。

対人賠償保険の補償範囲

対人賠償保険に加入していればどんな人でも補償されるかといえば、そういうわけではありません。対人賠償保険で補償されるのは、あくまで『他人』をケガさせたり、死亡させてしまった場合に限ります。

ここでいう『他人』というのは被保険者(保険の対象となる人)以外の人の事で、自分以外の人という意味ではないので気をつけてください。

被保険者にはどんな人が当てはまるのかというと

・記名被保険者(保険を申し込んだ契約者) ・記名被保険者の配偶者

・記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子

・許諾被保険者   ・記名被保険者の使用者

上記に当てはまる被保険者にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったしまった場合は、対人補償保険の支払い対象にはなりませんので注意してください。

 

任意保険の中でも一番重要になってくるものが、対人賠償保険になると思います。

自分の過失割合により大きな賠償金額になる可能性がありますので、ご自身と被害者どちらも守るためにも自動車を運転するなら、対人賠償保険(無制限)には入っておいたほうがいいと思います。