♠車の保険のお話 人身傷害保険とは?

人身傷害保険とは、契約している車に乗っている搭乗者が自動車事故でケガや後遺障害を負ったり死亡した場合に契約の保険額の範囲内で実際の損害額が支払われる、実損払いの保険になります。

人身傷害保険では自分の過失も含めて、入院・通院した治療費にかかわらず、契約した保険金額の範囲内で実際にかかった治療費・休業補償・慰謝料など全額補償してもらえます。

人身傷害保険は契約車両に乗っている時だけでなく、被保険者とその家族は契約車両以外の車に乗っている時の事故や、歩行中の自動車事故により死傷したときも対象になります。

例えば、交通事故でケガをしてしまい、3000万の損害が出たとします。

自分の過失が4割で相手の過失が6割だった場合、相手の対物賠償保険からは自分の過失分4割が引かれた1800万が支払われるだけで残りの1200万は自己負担になります。

人身傷害保険に加入していれば、この場合でも自己負担額の1200万を受け取ることができるので、損害の全額を賄うことができます。

また、相手が任意保険に加入していない無保険者の場合は、自賠責保険の範囲でしか補償してもらえない可能性が高いですが、そういった場合でも不足分を全額補償してもらえます。

あと、普通は相手方と示談が成立しないと保険金を受け取れませんが、人身傷害保険の場合は、示談成立前でも、保険金を受け取ることができます。

人身傷害保険にデメリットがあるとしたら、毎月の保険料が高めになってしまうことかもしれません。

予算に余裕のある方は是非入っていておきたい保険ですね!!