カーリースの審査が通るのか悩んでいる方へ

こんちには!

本日は車のカーリース契約するにあたって必ずとやらないといけないリースの審査についてのお話です。

 

カーリースはどうして審査が必要なの?

車のリースは年単位の契約になり毎月の支払いになるため、支払い能力があるかどうかの審査が必要になり、審査がOKであれば契約することができます。

カーリースの審査ってどういうことを聞かれるの?

カーリースの審査はいろいろな審査会社さんがあるので審査会社さんによって多少は変わってきますが大まかには下記のような情報が必要になります。

・名前、年齢、生年月日、お住まいの住所、電話番号、居住年数

・お勤め先の会社名・住所、勤続年数、年収、雇用形態

・過去のスマホやクレジットカード支払いの滞りや自己破産、債務整理をした過去など。

以下の情報が基本的には審査する際に必要な情報になります。

審査結果はいつごろにでるの?

審査会社さんによりますがカーリースの審査がそこまで時間はかかりません。中には審査を通したら15分ほどで結果が返ってくることもありますし長くなると1時間くらいかかるケースもあります。いずれにせよその日には結果は帰ってくるのが基本になります。

審査が通るコツ

審査が通るコツは、嘘偽りなく正直に伝えることが最大のコツになります。嘘をついて都合の良い申告をすると、審査会社さんの方で確認した際に嘘をついているとばれてしまった時に不利になります。審査をするうえで正直に伝えることで車のリースの営業マンが審査会社さんに『過去にこういったことがあったお客さんなんですけど、今はしっかり支払いができるような方です。』となるべく審査が通るように掛け合うこともできるので過去にクレジットカードなどの支払いの滞りがあっても正直に申告することが審査の通るコツになります。

審査が通らない要因。

審査が通らない要因としてこのようなことが挙げられます。

・【年齢】リースだと数年単位の契約になるので75歳以上だと審査が通りずらい傾向があります。

・【スマートフォンの支払いの滞り】スマートフォンは生活必需品になるので審査の際に支払いの滞りがあると厳しくみられやすいです。滞りの仕方により数年単位で審査が通らなくなるケースもあるのでスマートフォンの支払いは必ず止めないようにしましょう。

・【クレジットカード払いの支払いの滞り】クレジットカードで買い物をすると基本的にはこの人は支払い能力があるということで審査する際に有利に働きます。しかしクレジットカードで買い物をして支払いの滞りがあると審査の際に不利になります。

・【債務整理・自己破産】債務整理や自己破産をすると内容により数年単位で審査が厳しくなります。

・【キャッシングで借りた返済の滞り】キャッシングなどでお金を借りた際に返済が滞ると審査が厳しく見られます。ご利用は計画的に考えながらキャッシングはしないと後々に大変になります。

・【未成年】まだ未成年の方は支払い能力があるかどうかがわからないので審査の際に不利になります。しかし何かがあってダメというわけではないので保証人さんで親の方などがいれば問題なく通る傾向はあります。

・【ほかで審査を何件がやっている】ほかのお店で何件が審査が通らず、別のお店で審査を通してみたら大丈夫かも。と思う方もいるかもしれませんが他のお店に行ってもほとんど審査結果は変わりません。しいていえば審査会社さんがかわれば審査結果が変わるケースはありますが審査を何回もやっているというのも審査会社さんは把握しているので審査のやりすぎは注意して下さい。

審査が通らなかったら・・・

もし今後審査が通るようになりたいと思うのであれば、クレジットカードをつくれるならつくってクレジットカードで買い物をするようにしてください。クレジットカードで買い物をすると審査会社さんがクレジットカードで買い物をしているという履歴がわかるようになるので信用度が増していく傾向があります。ただクレジットカードでの支払いを滞らせてしまったら逆効果なので注意してください。審査がとらなかった際は審査をしたという履歴は半年間ほど審査会社に残ります。なので再審査をしたい場合は半年間は期間を開けてからチャレンジしてみてください。

♠車の保険のお話 任意保険 対物賠償保険とは?

対物賠償保険って何?

前回お話した対人賠償保険は交通事故などで『他人』にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合に補償をされる保険でした。

対して、対物賠償保険は交通事故などで『他人の財物』に損害を与えた場合に補償される保険になります。

例えば、

・わき見運転していたら他人の家の塀に車で突っ込んでしまった。

・信号待ちで止まっている車に後ろから追突してしまった。など

対物賠償保険では、相手の車の修理代や家の塀などの『物』の保証をしてくれます。

以前話した自賠責保険は物に対しての補償は一切ないので、対物賠償保険に加入していない場合は、損害を与えてしまった物の修理代などは、全額自腹で支払う必要が出てきます。

対物賠償保険は、・500万・1000万・無制限など、いくつかの補償限度額から選ぶことができますが、基本的には無制限に加入していた方が望ましいかと思います。

保険金額は過失割合によって変わる

対物賠償保険で支払われる金額は、対人賠償保険の時と同じように自分の過失部分だけが相手に支払われます。物損事故の場合自賠責保険が適用されないことを除けば、対人賠償保険の時と同じ考え方で大丈夫です。

物損事故例

・対人賠償保険契約額 1000万円

・相手方の損害額 500万円

・加害者(契約者)の過失割合80%

被害者の損害額×加害者の過失割合=対人賠償保険の支払い額

500 ×  0・8    =400

被害者に400万円の保険金が補償されます。

この場合は相手への賠償金額が400万円で、対物賠償保険の契約額が1000万円だったので問題はなかったが、これが相手への支払いが1500万だったとしたら契約額の1000万円を超える分500万円分は自己負担になります。

アクセルとブレーキを踏み間違えたと言って、お店に突っ込んでしまったというニュースをたまに見ることがあると思いますが、その場合高額な請求をされる場合もありますので、対物賠償保険も無制限で契約しておくことをお勧めします。

♠車の保険のお話 任意保険 対人賠償保険とは

今回は任意保険の中の対人賠償保険についてお話させて頂きます

対人賠償保険の過失割合

交通事故を起こして相手に大怪我をさせてしまった場合、治療費に500万円かかった場合、自分の過失割合が60%だったら相手に補償される金額はいくらだろう?下記の条件の場合

・対人賠償保険金額(無制限) ・被害者に対する損害賠償責任の額(500万)

・自賠責保険で支払われる金額(120万円) ・加害者の過失割合(6割)

対人賠償保険の補償金額は、下記のような計算で求められます

(損害額×過失割合)-自賠責保険の補償額=対人賠償保険金の支払額

(500万円×0.6)-120万円=180万円

対人賠償保険金として支払われる賠償金額は180万円ということになります。

ただ、実際に相手に支払われる賠償金額は、対人賠償保険金180万+自賠責保険金120万の合計300万円になります。

この300万円というのが、自分の過失割合60%の金額です。

治療費に500万円かかったけど、相手も40%悪いので残りの40%分(200万円)に関しては自己負担になります。

もし、自分が被害者だったとしたら、この自己負担分の200万円を負担してくれる保険として『搭乗者保険』や『人身傷害保険』などがあります。

対人賠償保険の補償範囲

対人賠償保険に加入していればどんな人でも補償されるかといえば、そういうわけではありません。対人賠償保険で補償されるのは、あくまで『他人』をケガさせたり、死亡させてしまった場合に限ります。

ここでいう『他人』というのは被保険者(保険の対象となる人)以外の人の事で、自分以外の人という意味ではないので気をつけてください。

被保険者にはどんな人が当てはまるのかというと

・記名被保険者(保険を申し込んだ契約者) ・記名被保険者の配偶者

・記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子

・許諾被保険者   ・記名被保険者の使用者

上記に当てはまる被保険者にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったしまった場合は、対人補償保険の支払い対象にはなりませんので注意してください。

 

任意保険の中でも一番重要になってくるものが、対人賠償保険になると思います。

自分の過失割合により大きな賠償金額になる可能性がありますので、ご自身と被害者どちらも守るためにも自動車を運転するなら、対人賠償保険(無制限)には入っておいたほうがいいと思います。

♠車の保険のお話 任意保険

任意保険には絶対に加入しないとダメ?

前回、自賠責保険のとこでお話させていただきましたが、自動車で交通事故を起こし相手に重い後遺症が残ったり、死亡させてしまった場合は、億単位の高額の賠償金が科せられてしまう場合があります。

これだけの金額を一般的な家庭が支払うのは難しいですよね。そうすると、任意保険に加入していないと賠償金を払えず、自己破産などで人生をぼうに振る可能性もありますよね。さらに、自分の人生だけでなく賠償金を支払えないことにより、被害者の人生も大きく狂わせてしまいます。

もし、自分が被害者で重い障害残ってしまった場合、加害者からの賠償金の支払い見込みがなく泣き寝入りの状況だったらどう思いますか?

そういうことが起きないように、自分自身もしっかりと任意保険に加入して万が一の場合に備えておきましょう。

任意保険は種類がある

① 対人賠償保険→他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とする保険

② 対物賠償保険→他人の車や壁、ガードレールなど物を破損させてしまった場合を対象とする保険

③ 搭乗者傷害保険→運転手を含むすべての同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる保険

④ 自損事故保険→他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故を対象とした保険

⑤ 無保険車傷害保険→相手が対人賠償責任に加入してない場合や、加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力がない場合も対象になる保険

⑥ 人身傷害補償保険→けがをした場合の治療費等を、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険

⑦ 車両保険→自分の車が破損した場合を対象とした保険

最後に

任意保険は、冒頭で話した通り自賠責保険では補償されない部分を補うためのもの。

任意保険では自分や相手の車の修理代、破損させた公共物、自分のけがや自賠責保険の補償金額を超える場合の補償等が可能になります。

任意保険には先ほど説明した通り種類があり、すべての保険に入らなければいけないというわけではありません。自分に必要な保険を選んで加入して頂けたらと思います。

任意保険は保険会社によってサービス内容、価格などが変わる場合がありますので自分に合った保険会社を探してみてください。

♠車の保険のお話 自賠責保険

自賠責保険とは?

自賠責保険は、すべての自動車は自賠責保険を付けていないと運行することはできない締結になります。自賠責保険の契約は自動車1台ごとに締結しなければなりません。

保険金が支払われる損害の範囲

傷害による損害・・・積極損害(治療関係費、文書料、その他の費用)、休業損害、慰謝料

後遺障害による損害・・・逸失利益、慰謝料

死亡による損害・・・葬儀費、逸失利益、慰謝料

(注)死亡に至るまでの障害や後遺障害が確定するまでの傷害にによる損害については、障害による損害と同様です。

保険金の支払限度

・傷害による損害・・・最高120万

・後遺障害による損害

常時介護が必要な場合は最高4000万

随時介護が必要な場合は最高3000万

・死亡による損害・・・3000万

保険金額は、被害者1名当たりのものであり、1事故当たりの限度額がありません。また、加害車両が複数の場合は、それぞれの車について、被害者1名につき上記の限度額が適用されます。例えば2台の加害車両が1名の被害者を死亡させた場合は3000万円×2台分=6000万円が限度額となります。

今までで人身事故では損害賠償額が5億円を超えるような判決例があります。任意保険に加入していない場合、自賠責保険の限度額を上回る額は自己負担になります。

とても支払うには難しい金額ですよね。

運転する人全員が、いつ事故を起こしてしまいこのような損害賠償を請求されるかわかりません。今一度、任意保険に加入していない方は再度ご検討いただけたらと思います。