カーナビゲーション

カーナビゲーションシステムとは、自動車に搭載される情報機器の一種で、道順案内などを行い運転者を支援するシステムのことをいう。

地図データや施設情報のデータを内蔵し、目的地や現在地周辺の施設などの情報を検索したり、地図上に表示したりすることができる。また、走行中にGPSなどで現在位置を自動的に割り出し、システムに記録された地図と照らし合わせて、画面上の地図に経路を表示したり音声などで道案内を行い、目的地まで運転者を導く。自動車向け無線通信サービスなどにより天候・混雑状況などの情報提供を行ったり、テレビ・ラジオ・DVD再生などの車載AV機器の機能を統合した製品もある。

現在位置を割り出す方法には、GPS衛星を利用する方法や自律航法装置を用いるものがある。GPSは長時間走っても現在位置を正確に把握し続けられるが、長いトンネルなどでは使えない欠点がある。自律航法装置はジャイロなどで方向を検知し、タイヤの回転数などから移動距離を計算して出発地点からどの方向にどれくらい動いたかを求め、現在位置を算出する。長時間走行すると誤差が蓄積して次第に正確さが失われるという欠点がある。最近では両方式を統合して互いを補い合う方式が一般的となっている。

DVDナビ

地図データなどの記憶媒体にDVDを用いるもの。CD-ROMナビなど旧世代の機器に比較してデータ容量が増大し、詳細な地図や大量の住所録が登録されている。内容が古くなったら新しいディスクと交換するだけで最新の内容に入れ替えられるという手軽さもある。ただし、その後登場したHDDナビやメモリーナビに比較すると読み込み速度が遅く、検索などに時間がかかるという欠点がある。

HDDナビ/ハードディスクナビ

地図データなどの記憶媒体にハードディスク(固定磁気ディスク装置)を用いるもの。DVDよりも大容量で、読み出し速度が速いため検索などを高速に実行できる。大容量を活かして3次元グラフィックスで町並みを表示する機能を搭載したり、音楽や動画を大量に保存できる製品もある。ハードディスクは機器内部に固定されているため、DVDなどのように簡単に交換することはできないが、通信機能などで外部からデータを更新できるようになっているものが多い。

メモリーナビ/SDナビ

地図データなどの記憶媒体にメモリーカードを用いるもの。SDメモリーカードを利用するのが一般的であるため、SDナビ、SDカードナビなどとも呼ばれる。メモリーカードはDVDやHDDと異なり可動部がないため故障しにくく振動による誤作動も少ない。データの読み出し速度もHDDより格段に高速で軽快に動作する。また、DVDのように簡単に着脱できるため新しいデータへの入れ替えが容易である。当初は容量が少なく簡易な機能の製品で用いられたが、現在ではDVDよりも容量が大きなものが一般的であるため、情報量などはHDDナビなどと遜色なくなっている。

♥フロアマットは必要?

フロアマットは本当に必要なのか、その答えは「必要」です。

せっかく高い車を買ったのなら室内を清潔に保ちたい、というのは当然思う所です。また車内に高級感が感じられ乗り心地も良くなることから、満足度の高いオプション装備です。

なぜ満足度が高いのか理由をお伝えします。

車内が汚れにくくなり清潔になる

車は靴を履いたまま乗り込むため、土足禁止にしている方でも、少なからず汚れが付きます。床に付いた汚れを完璧にキレイにするためには、掃除機を使ったり、雑巾でゴシゴシ拭く必要があるため、それなりに時間もかかってしまいます。

フロアマットを敷いていれば、フロアマットだけ掃除をすれば良いため車内をいつでも清潔な状態にできます。万が一ジュースをこぼしてシミになった場合でも、フロアマットを交換すれば、元のキレイな車になります。

高級感があり質感がアップする

フロアマットは車内の質感向上に欠かせません。

家にもカーペットやラグを敷いていれば、気持ちがリラックスして満足感を得られるように、車内にもフロアマットを敷いていると長時間の移動も楽しいひと時に感じられます。

純正フロアマットは車名プレートが付いているものが、ほとんどなので、高級感では申し分ありません。

走行の振動を抑え乗り心地が良くなる

フロアマットを敷いていると乗り心地が良くなるという実用的な理由もあります。

路面の振動はタイヤからフレームへ直接伝わり、運転中に足を置くフロアにも振動がそのまま足に響くことになります。フロアマットはフレームと足の中間に位置し、クッションの役割を果たすため、小さな振動はそのままフロアマットが吸収してくれるようになります。

厚みのある高級フロアマットはその恩恵がハッキリと分かるため「フロアマットは値段の高いものを使用する」という方も多いです。

事故防止につながる

雪や雨の日は車内に水分が入るため、車内の床が滑ることがあります。フロアマットを敷いていると水分を吸収してくれるため、踏み間違いや踏みすぎによる事故を防ぐことができます。子供を乗せる機会がある方は転倒する危険性がありますが、クッション性のあるフロアマットを敷いていると万が一のケガを防ぐことができます。

フロアマットの種類は大きく分けて2つ

フロアマットは絨毯のような高級感がある起毛タイプと、防水性能の高いラバータイプに大きく分けられます。

車内に高級感を求める方は起毛タイプ、機能性を求める方は汚れてもすぐに水洗いできるラバータイプがおすすめです。

起毛タイプのフロアマット

毛足が長い絨毯のようなタイプから、布のようなカーペットタイプまで、高級感のある素材が使われています。

純正品のフロアマットのほとんどは起毛タイプです。

使い勝手はラバータイプに劣りますが、高級感は抜群で、チェック柄やストライプ柄など豊富なデザインがあるのも特徴です。

厚みがあるためクッション性も良く、乗り心地改善のために起毛タイプのフロアマットを購入する方もいます。

ラバータイプのフロアマット

価格の安さや使い勝手の良さを求める方におすすめなのが、丸洗いできるラバータイプのフロアマットです。

アウトドアが趣味の方、子供やペットがいる方はラバータイプのフロアマットを使っているケースが多く、デザイン性よりも実用性が高いフロアマットです。

 

予算やセンスに合わせて幅広く検討しましょう。

♠車の保険のお話 人身傷害保険とは?

人身傷害保険とは、契約している車に乗っている搭乗者が自動車事故でケガや後遺障害を負ったり死亡した場合に契約の保険額の範囲内で実際の損害額が支払われる、実損払いの保険になります。

人身傷害保険では自分の過失も含めて、入院・通院した治療費にかかわらず、契約した保険金額の範囲内で実際にかかった治療費・休業補償・慰謝料など全額補償してもらえます。

人身傷害保険は契約車両に乗っている時だけでなく、被保険者とその家族は契約車両以外の車に乗っている時の事故や、歩行中の自動車事故により死傷したときも対象になります。

例えば、交通事故でケガをしてしまい、3000万の損害が出たとします。

自分の過失が4割で相手の過失が6割だった場合、相手の対物賠償保険からは自分の過失分4割が引かれた1800万が支払われるだけで残りの1200万は自己負担になります。

人身傷害保険に加入していれば、この場合でも自己負担額の1200万を受け取ることができるので、損害の全額を賄うことができます。

また、相手が任意保険に加入していない無保険者の場合は、自賠責保険の範囲でしか補償してもらえない可能性が高いですが、そういった場合でも不足分を全額補償してもらえます。

あと、普通は相手方と示談が成立しないと保険金を受け取れませんが、人身傷害保険の場合は、示談成立前でも、保険金を受け取ることができます。

人身傷害保険にデメリットがあるとしたら、毎月の保険料が高めになってしまうことかもしれません。

予算に余裕のある方は是非入っていておきたい保険ですね!!