狭山市田中モーターススタッフブログ
ホーム> スタッフブログ

◆寒い冬がやってくる!寒さ対策について

こんにちは!

少しずつ半そででは寒くなってきて秋のきおんになってきましたね。ただそんなさわやかな秋の気温は昔は長かったですが最近ではすぐに寒い冬になっていきますよね。

朝のハンドル寒すぎる!!

朝会社に行こう!子供の送り迎えで車を運転しよう!と思い乗り込むと寒っ!!

特にハンドルの寒さは異常ですよね!冷え性の方は特に嫌ですよね。

そんな時は・・・・

①ハンドルカバーをつける。

最近では色んなハンドルカバーが売っており、暖かいボアタイプのハンドルカバーも安いものだと1000円~2000円くらいのもの売ってあるので探してみてもいいかもしれません。

②お金はかかりますがエンジンスターター!!

エンジンスターターは車の中にいなくてもエンジンをかけられるようにするものです。これを持っていると車に乗る数分前からエンジンを変えていられるので乗った瞬間から快適を得られます。

③エアコンでなるたけハンドルを温めるときは?

少しでもハンドルの寒さから解消されたいときは、エアコンの風量をMAXにしてください。そしてエアコンの風の吹き出し口をフロントガラスのボタンにして下さい。フロントガラスを温めるとヒーターの温風がダッシュボード当たりでまわってハンドルを温めてくれます。

 

いかがでしたでしょうか?ハンドルの寒さ対策ではないですが車を運転するうえでブランケットは必ずあると良いと思います。出来たら自分の分だけじゃなく誰かが乗った時用でもう一枚予備であるとモテる秘訣かもしれませんね(笑)

♥コーティングとは 4

フッ素系コーティング

歯の治療に使われるフッ素を原料に含んだコーティングです。やはり定義はあいまいで、合成樹脂であるフッ素コーティングは、前述した「ポリマー系」と成分は同じ系統と考えていいと思います。つまり「ポリマー系」コーティングという大枠があって、その中でフッ素を含むものが、「フッ素系」ということです。

一般的なポリマー系より価格は少々高めながら、持続期間は長いのが特徴です。

つまり、ポリマー系とガラス系の間に位置づけられます。

ワックス

コーティング=化学合成品、効果・持続期間が長い、プロに依頼するのが最適と考えれば、ワックス=天然ロウ主原料、効果期間は比較的短い、施工が手軽と言えます。注意しておきたいのは、ワックスにはロウのほかに油や研磨剤が含まれるものもあるため、雨で流れ落ちてシミの原因になったり、研磨剤がクリア皮膜をキズつける可能性があります。とは言え、ワックスもボディカラーごとの専用タイプや研磨剤を含まないタイプなど、たくさんの種類があるので、気軽に選べて施工できる点が大きな魅力と言えるでしょう。

 

コーティングは、大切な愛車のボディの輝きや艶を長期にわたり維持するだけでなく、ボディに付着した汚れやなどが簡単に洗い流せるため、人気の高いボディケアメニューのひとつです。

強固な被膜を作るガラスコーティングから、自分でも手軽に施工できるフッ素系コーティングまで、予算や車の保管状態、メンテナンスの頻度など、たくさんのバリエーションの中から最適なコーティングが見つかるはずです。

車を所有している方は、是非コーティングを施工してみてはいかがでしょうか。

♥コーティングとは 3

ガラス系コーティング

ガラスコーティングとガラス系コーティングの違いは、あまり明確ではありません。ただし、言葉の定義からすれば、「系」がつく方が、広い範囲を指していると考えるのが自然です。つまり、コーティングの素材によってポリマー系、油脂系、ガラス系等に分類し、ガラス系の中で、より硬質な被膜、透明性の高い仕上がりとなる、持続性の長いものをガラスコーティングと呼ぶ場合が多いようです。

カー用品店などで、販売されていて、自分で施工するタイプはガラス系コーティングが一般的で、業者が施工するガラスコーティングとは異なり、価格もやや安価であり、比較的手軽に自分で施工できる点が大きな魅力と言えるでしょう。

ポリマー系コーティング

石油由来あるいは化学合成による化合物を高分子の分子重合体「ポリマー」と呼びます。家庭で普段使うケミカル用品にも含まれており、車用ワックスにもポリマー原料のものが多数あります。

特徴は、他のコーティングと比べて低価格、作業も簡単なことです。反面、一般的なワックス同様に劣化しやすいため、劣化した部分を定期的にメンテナンスしなければなりません。ユーザー自身で施工もできますが、より均一な仕上がりを求めるのであれば、プロに依頼した方が、安心・安全でしょう。

♥コーティングとは 2

新車でもコーティングした方がいいのか

車の塗装が最も綺麗なのは、通常は納車された新車時です。

そして、前述のとおり、コーティングをすることで多くのメリットを享受することができます。

新車の時点からコーティングを施すことにより、車の乗り始めから塗装の劣化などを防ぐことができると言えます。車を大事に使いたいという場合は、新車の時点からコーティングをすると良いでしょう。

 

コーティングと言っても、皮膜を作る処理方法や使用する薬剤によって、いくつかの種類があります。

ガラスコーティング

ボディ表面にガラス質の硬質な皮膜を作ります。これによって、化学物質等による酸化やキズから塗装面を長期にわたり保護してくれます。特徴としてはコーティング皮膜が硬く、効果が長く持続し、汚れて時間がそれ程経過していなければ、簡単な水洗いでも汚れが容易に落ちることが挙げられます。

艶や輝き、持続力も、他のコーティングと比較してクオリティの高さが特徴です。

ただし、「ガラスコーティングすれば洗車も不要」と勘違いされることが多いですが、そうではありません。汚れがつきにくい、軽い水洗いで汚れが落ちるということです。

♥コーティングとは 1

車を新車で購入した時、その輝きをいつまでも維持したいと思う方は多いですよね。

コーティングを調べてみました。

コーティングの効果・必要性

1.艶と輝きを維持する

車の塗装は、埃、排気ガスや工場からのばい煙による油脂や化学物質、鉄粉、泥や砂、紫外線などによって徐々に劣化してきます。

コーティングで作られた硬い皮膜がこれらを防いでくれるので、艶や輝きが長期間持続します。

2.汚れや水滴をつきにくくする

ボディやガラスは、肉眼ではわからないような汚れや擦れによる小さな凹凸があり、汚れはそこから付着しますが、コーティングによって凹凸がなめらかになるため、汚れや水滴が付着しにくくなります。

3.日頃のメンテナンスを楽にする

汚れがつきにくくなるので、普段から綺麗な状態が保たれます。

また、雨汚れなど軽く洗車すれば簡単に汚れが落ちるようになるので、ワックスがけも不要なほどです。

以上のように、コーティングをすることで、ボディの保護と合わせて美観を高めたり、汚れを防いでくれることによるメンテナンスの手間を軽減してくれる効果があると言えるでしょう。

もちろん、絶対にコーティングが必要というわけではありませんが、より車を大切に綺麗に使いたい場合は、コーティングをするのが良いと言えるでしょう。

 

♥タイヤのパンク修理をするまでにやってはいけないこと 2

パンク修理するまでにやってはいけない3つのこと

1.刺さっている物を抜かない

釘やネジなどタイヤに刺さっていると意外に抜きたくなるものですが、カーショップやガソリンスタンドでパンク修理をしてもらうまでは、絶対に刺さっている物(釘やネジ)を抜かないようにしてください。

あ、ここだと思って抜いてしまうと、修理をしてもらう(する)際に穴がどこに開いていたか、どの角度で刺さっていたかの判断が出来ず、余計に修理をする時間がかかってしまい、最悪、修理ができないことがあります。

素手で抜いてしまってケガをしたなんてこともあり得ますので、絶対にやめましょう。

2.パンクをしたまま極力走行しない

パンクをすると、「空気が徐々に抜けている状態」か「抜けきった状態」のどちらかになります。

パンクしている状態のまま走行してしまうと、ホイールまで傷つく恐れがあります。

せっかく直せるものも直せなくなり、新品のタイヤに交換という余計な出費になりかねますので、極力走行しないようにしましょう。

3.パンク修理キットの使用

最近は、スペアタイヤのない車が増えてきており、代わりに「応急修理キット」というものが装着されています。

タイヤ接地面(トレッド部)に刺さった釘やネジなどによる軽度のパンクを応急修理できるもので、タイヤに刺さった釘やネジなどは抜かずにそのまま応急修理できます。

カー用品店などに行くと「パンク修理キット」という物も売られています。

タイヤを買い替えるつもりで使用するのであれば問題ありませんが、それ以外の方は使用するのをおすすめいたしません。

説明書によると、「応急修理キットで応急修理したタイヤは、長期使用ができません」とあります。

あと、応急修理パンクキットを使用した後のタイヤを交換する際、タイヤの内部の洗浄をしなければならず、これが大変な作業になる。

何はともあれ、一番はなるべくパンク修理をしない。これにつきます。

♥タイヤのパンク修理をするまでにやってはいけないこと 1

車を運転していて、急にハンドルが重くなったり、外から異音がしたら、それはタイヤがパンクしているかもしれません。

パンクをしたら、ほとんどの方が焦ってしまって、どうしたらよいか悩んでしまいます。まずは、慌てずに安全に車の止めやすい路肩に寄せましょう

次に、考えるのは、そのタイヤをどうするか。

カーショップかガソリンスタンドで修理してもらうか、それとも自分でパンク修理をするか。

パンク修理をするために気を付けなければいけない点や気になる点をまとめました。

パンク修理ができない3つの状況

タイヤがパンクして買うのはもったいないから修理をしたいと思っても、すべてのタイヤが修理出来るわけではありません。パンクの状況によっては修理出来ないこともあります。

・バースト(破裂)  タイヤがバーストした場合は、パンク修理が出来なく交換になります。

・タイヤ側面の傷(穴) 路面との接地面(トレッド)よりもタイヤの側面は、ゴムの厚みが薄くなっています。

厳密にいえば直せないことはありませんが、やはり薄い部分なので修理出来たとしても走行に耐えられるかどうかわかりません。

そこからバーストなんてこともあり得ます。

タイヤ側面に傷が出来た場合は、交換をおすすめします。

・傷の直径、個数、間隔 自動車安全基準により、損傷の程度による修理限度が定められている。なので、その基準値に満たない穴等の修理は安全上できないので、交換となります。

 

 

◆必見!!査定金額を上げる方法!!

こんにちは!

今日はいつかは来るであろうお車の乗り換え。。。長く乗った車に愛着はあると思いますが新しい車に乗り換える時が来た時の為に今日は少しでも査定金額が上がる方法を案内いたします。

 

①必ず洗車をしてから査定!!

やはり汚れがあると査定する店員さんの印象が悪いですし、傷の有無もわかりずらくこの人は大切に車を乗ってこなかったんだという印象を持たれます。なので必ず洗車をしてから査定してもらうお店に行きましょう。

②もちろん車内の掃除もわすれないで

外装は綺麗だけど車内はごみやお菓子の食べかすが散乱。。。これも査定が下がる原因になります。やはり査定師の印象も悪いです。評価を下げられる原因になるのでしっかりと車内の清掃!!それと匂いも大事です!タバコのにおいなど極力はないようにしてからお店にもっていきましょう。

③ちょっとした小傷なら直そう!

傷は査定で一番見られるところです。大きな傷は修理するのにお金がかかりますがひっかき傷程度であれば市販のコンパウンドなどで傷を治すことができます。それをやるだけでも査定の金額は変わるので時間があればやりましょう!!

④車の売る時期も大事です!!

今乗っている車がモデルチェンジになっていると査定は大幅に下がる傾向があります。なのでモデルチェンジがされる前にうまく売った方が良いので自分の乗っているモデルチェンジ情報をしっかり把握しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?少しでも査定が上がれば次に乗る車の金額を減らせたり、おいしいご飯が食べに行けたりできるので皆さんやってみてはいかがでしょうか?

 

 

♥マイルドハイブリッドって何⁉

最近、マイルドハイブリッドと聞くと思いますが、ハイブリッドとどう違うのでしょうか.

マイルドハイブリッドとは

エンジンと、電気モーターを併用することで、二酸化炭素の排出を抑え、さらに燃費を向上させる画期的なシステム、ハイブリッド。設計のコンセプトや使用方で同じハイブリット車とはいえどもタイプ分けすることができます。
やっていることは、専用電池とモータを使用しての制動時のエネルギー回生と始動・加速時のアシストと、同様ですが、それらはストロング方式とマイルド方式に分けられます。
比較的大きな電池とモーターで、エンジンを停止した状態でも蓄積した電気で走行できるタイプはストロング型といわれます。ストロングハイブリッドは走行の条件によって、エンジンと電動モーターを使い分けて、効率のよい出力配分で走行するシステムです。エンジンと電動モーターはどちらも重要な動力源です。2つの複雑な仕組みを組み合わせることで大幅な燃費向上が期待できます。
一方のマイルドハイブリッドはエンジンを主要動力源として使用し、停止時や発進時などエンジン駆動時に比較的小型の電池とモータでアシストします。1つの小型モーターと電池によるシンプルな仕組みで、燃費改善も期待することができます。走行では、まず始動はモーターで走り出し、加速時などにもモーターがエンジンをアシストしてくれ、減速時には回生し、バッテリーへの充電も行なっています。
ストロング方式とマイルド方式の決定的な違いは、ストロング型は比較的大きな電池とモーターを搭載しているのでエンジンを停止した状態でもしばらくは電気自動車モードで走行できますが、マイルド型は小型の電池とモータを使っているのでエンジン駆動時のサポートを前提としたシステムで、電気自動車モードでの走行はできないという点です。
一般的に利便や性能で評価が高いのは、ストロング方式のようです。しかしマイルド方式はシステムがシンプルで、自動車メーカーとしては開発が割安ででき、また材料も集めやすいという利点があります。こういった経緯でマイルド方式で勝負する社も少なくないようです。市場はマイルド方式の猛追が見られるようで、各社の販売戦略や価格設定などに努力が重ねられている結果といえるでしょう

♥ETCについて 3

ETCカード入手の際の審査

ETCカードは有料道路料金の支払いにおいてクレジットカードと同様、信用取引を行うものですので、作る時にはカード会社による審査が行われます。審査の基準はカード会社によって異なりますが、原則的に18歳以上で高校生は不可、未成年者は親権者の同意が必要とされています。クレジット会社によっては年齢制限が20歳以上ということも。

また、年収や職業についてはクレジット会社によって審査基準に差異がありますが、一定の安定継続収入があることが前提とされる場合がほとんどです。

そのため、過去に延滞履歴などがある人はクレジットカードとETCカード発行ができない恐れもあります。

ETC車載器の選び方

ETC車載器は、日本国内だと10を超えるメーカーから発売されています。本体価格は5000円から20000円を超えるものまで様々ですが、その違いは機能と形体です。機能としては、料金決済のみのタイプからカーナビ連動・音声案内付きなどの高性能なものまで幅広く存在します。

また2ピースタイプ(アンテナと本体が一体型)、3ピースタイプ(アンテナ分離型)、ビルトインタイプ(自動車本体と車載器一体型)の3種類に形体が分かれます。