♥免責とは?

自動車保険で耳にする、「免責事項」や「免責金額」という言葉は聞いたことはあるけど・・・・・。どういう意味だろう。

ということで、調べてみました。

保険の「免責」とは?

「免責」とは、損害が発生しても保険会社が保険金を支払う責任を負わないことをさします。

車両保険の免責とは

事故などにより車が破損してしまった場合に、その修理費用などを補償してくれるのが車両保険です。しかし、必ずしも保険会社が全額を負担しているわけではなく、自己負担金として数万円を支払うこともあります。それが「免責金額」と呼ばれるものです。

たとえば、地震、噴火、津波による車の損害は免責であり、補償されません。つまり、地震によって車が全損した場合、その修理費などは補償されず、自己負担となってしまうのです。

車両保険を付帯される際には、免責事項や免責金額のことも踏まえて契約内容を確認しておくことが大切です。

車両保険の免責金額について

免責金額とは、保険加入者が自己負担する金額のことをさします。

たとえば、事故によって30万円の修理費用が発生し、免責金額が5万円だった場合、5万円は自己負担となり、残りの25万円が保険会社から保険金として支払われます。保険に加入する際は、保険会社や契約内容によって免責金額の設定額が異なりますので、事前に確認しましょう。

車両保険では、免責金額を設定します。免責金額を高く設定すれば、万が一の事故の際の自己負担額は多くなりますが、保険料を抑えることができます。保険料を少しでも節約したいと思われる方は、免責金額を高めに設定することをオススメします。

全損してしまった場合は免責金額が発生しない

免責金額は、一部の修理が必要といった「分損」に限ったものです。事故によりバンパーが凹んでしまった、ドアにキズがついてしまった、一部の塗装が取れてしまった、といった部分的な修理であれば免責金額分の自己負担が必要となります。

一方で、「全損」の場合(車を修理できない、または修理費がご契約の保険金額以上になる、盗難にあって車が見つからない)は、この免責金額は発生しません。つまり、自己負担金なしで、ご契約の保険金額をお支払いすることができます。

ちなみに「分損」とは損害保険の対象となるものの損害が、修理可能な状態で、かつ修理費が時価額もしくは保険価格を下回る場合をいいます。

車が破損した場合に、分損扱いになるのか、全損扱いになるかによって自己負担額が変わります。

自分の契約内容と免責について把握しておこう

自動車保険を契約する際には、免責事項や免責金額のことも踏まえて契約内容を確認しておくことが大切です。内容を把握せずに契約してしまうと、万が一の時に、思いもよらない出費が発生してしまうことがあるかもしれません。

あおり運転ってどこから罪になるの?

こんにちは。タナモブログです。

本日は最近テレビで毎日のように見るようになってきたあおり運転。時には人の命を奪うニュースもやってますよね。最近ドライブレコダーの普及によってそういった悪質なドライバーが減ってきてはいますが、少しのイライラからもしかしたら自分自身がそういった悪質なドライバーになってしまうかもしれません。

なので今日はあおり運転について詳しくご説明したいと思います。

どこからがあおり運転になるの?

実は厳密にはまだどこまでがあおり運転に入るのか、くわしい定義はありません。ただ2020年3月に道路交通法改正案が閣議決定されたので今後厳しい法律ができていくという流れになっております。一応現段階のあおり運転は『道路上で他の車両に対して危険な運転かつ必要性のない行為を行うこと』となっています。

ちなみにあおり運転を代表する行為といえば。。。

●車間距離を詰めて、無理に進路を譲るように強要する

●必要のないパッシングやクラクションを鳴らして威嚇する。

●いきなり急ブレーキをかける

●先行車両を追い越したり、抜き去る瞬間に罵声をあびせる行為

●不必要な接近や幅寄せをする。

●相手の進行を妨害して、脅迫したり暴力をくわえたりする。

皆さんはこのようなくだらないことをするよりも、相手の方を笑顔にする運転をしてくださいね。

あおり運転のペナルティ

あおり運転とみなされた場合は、仮に事故を起こしていなくても取り締まりの対象になってきます。またあおり運転が悪質だとみなされた場合は交通違反点数に累積がなくても免許停止の処分になります。

 

あおり運転をしてしまう人。されてしまう人の特徴。

あおり運転をしてしまう人は・・・

・自分の思い通りの運転をしたがる。

相手の迷惑を考えずに、自分は早く目的地に着きたいから横入りをするけど横入りはしてくるな。など自分都合の相手のことを考えられないようなことを言います。

・車の運転に自信がある。または自信があると錯覚している。

これはスピードを出しても今まで捕まったことないから運転がうまい。人よりも目的地に到着するのが早いということで、大した運転技量もないのに運転がうまいと思っている人のことをいいます。私が本当に運転のうまいと思う人は、乗っている同乗者の人に不快感を与えない。交通ルールを守れて気持ちに余裕のある道を譲れる方が運転のうまい人だと思います。

・車に乗ると口が悪くなる。

人は車に乗ると気持ちが大きくなり横入りをされたりすると独り言で文句を言ったり、普段イライラしない事でもイライラしやすくなります。そのイライラがあおり運転につながるケースが多いです。イライラしやすい傾向としては約束の時間のぎりぎりに家をでたりするとイライラしやすいです。なので時間に余裕をもち早めに目的地につけるくらいの時間に出発しましょうね。

あおり運転されやすい人。。。

・運転が苦手、または苦手意識がある。

本当は運転が下手なわけでもないのに運転が苦手という人いますよね。苦手意識を持つと判断力が鈍ったり、法定速度よりも逆に遅く走ってしまったりするとあおられやすくなってしまいます。運転が得意と思いすぎは良くないですが、あなたは教習所に何か月も通い技術、学問をみんなと同じように学び運転免許を取れたのですから人並みの自信はもってもいいんではないんでしょうか?

・不必要にブレーキをかける。

運転に自信がなかったりすると、不意にあおりたいわけではないのにブレーキをしてしまいますよね。自分は煽るつもりはなかったのに・・・と思うでしょうが、後ろにいる車は煽られたと思う可能性があります。

・追い越しができない車線でゆっくり走る。

追い越しができない車線で法定速度よりもゆっくり走るとやはり後ろの人に迷惑が掛かります。ゆっくり走る分には事故にもつながらないし、いいじゃないか!と思うのは自分のことしか考えてない。一方で将来的には煽り運転する側のあおり運転予備群だど思ってください。相手のことを考えられない運転はやめましょうね。

・コンパクトカー・軽自動車に乗っている。

これは個人的には許せませんが、軽自動車など小さめな車に乗っているとあおられやすい傾向があるみたいです。自分が相手よりも良い車に乗っているからと自分の方が優れていると思う考えで煽るということみたいですが、車の車種だけではその人のことなんてなにもわかりません。皆さんは気をつけてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

あおり運転をした側もされた側もいい感情なんて一切芽生えないと思います。どうせなら道を譲ってありがとうと会釈されたりする方が気持ちよいですよね。ましてあおり運転によって自分自身または相手にケガをさせてしまったときには、もう遅いです。皆さん気持ちの良い運転を心がけていきましょうね♪

 

 

♠車両保険入っていますか?

こんにちは、田中モータースです。

突然ですが皆さん車両保険には入っていますか?任意保険には入っているけど車両保険は入っていないという方もいると思います。

そもそも車両保険ってなあに?

車両保険は、被保険自動車が偶然な事故によって被る被害を補償する保険です。通常の任意保険は事故を起こした相手側の料金は補償してくれますが、自分の車の修理費は自己負担になります。その自己負担の部分を補填してくれる役割になります。

補償の範囲

一般型の車両保険の補償範囲は下の表になります。

主な事故事例 一般型の車両保険
他者との衝突・接触
落下物との衝突
火災・爆発
盗難
台風・洪水・高潮・竜巻
落書・いたずら・窓ガラスの破損    
歩行者・自転車との衝突・接触
当て逃げ
墜落・転覆
地震・噴火・津波 ×

次に装備品等の補償については次のとおりです。

車両保険はつけたほうがいい?

基本的に、当店のリースプランでご契約の方は新車になりますので車両保険を付けることをお勧めしています。せっかくの新車ですので、きれいに乗りたいですよね。それに、仮に全損してしまったとき結構大きな金額が発生してしまうので備えがあれば安心です。

最後に、自分は絶対に事故起こさないから大丈夫と思っている人もいると思いますが、自分が気を付けていてもふせげない、盗難・災害・当て逃げ・飛び石・・・etcなどいろいろあります。自分の愛車を守るためにも車両保険に加入してない人は是非検討をしてみてください。当店でもリース車両専用保険、通常の保険も取り扱っていますので、気になる方はご連絡ください。

 

 

田中モータースオンライン商談始めました♪

オンライン商談ってなに?

オンライン商談とは、『コロナウイルスで外に出歩くのが不安』『お店から遠くて来店が難しい』という方に向けて、スマートフォンやパソコン・タブレットをお持ちの方が来店しなくても、ズームというソフトを使ってお車の相談ができるサービスになっております。※ズームは無料ですが通信料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

オンライン商談では何を聞けるの?

●リースプランのご説明

リースって最近よく聞くけどどういった内容なの?と気になる方の為にプランの説明をさせて頂きます。

●お車選び

まだ乗りたい車が決まってないのにオンライン商談で話聞いてもいいの?という方。ぜひ相談してきてください。『スライドドアはついていた方がよいですか?』『普段車を乗るのは荷物を多く載せますか?』『お車のメインで使う目的は通勤ですか?』など本当に必要で乗りたい車を一緒に相談させて頂きます。

●プラスで付けたい装備品などのオプションの相談

『最近事故のニュースをよく見かけるから運転中不安だからドライブレコーダーを付けたいなぁ』『駐車するときに安全の為バックカメラを付けたいなぁ』という付属品や『これって付けれるの?』ということもしっかりと相談させて頂きます。

●お見積り

プランの説明・希望のお車・付属のオプションの相談が終わりましたらお見積りを提示させて頂きます。

●審査

当店のリースは審査が必要になります。審査の方もオンライン商談で受けることができます。

 

気になる方は是非お問い合わせください。