♥エンジンオイルとは

エンジンオイルとは、人間でいうところの心臓にあたる。そんなエンジン内を循環するエンジンオイルはまさに血液。エンジンオイルのコンディションを良い状態で維持することで、エンジンを長くベストな状態で保ちます。そのために重要なのが、エンジンオイルの管理です。

エンジンオイルの役割

まずは各部を円滑に動かす潤滑作用としての役割があります。この潤滑作用のおかげで、金属摩擦を少なくし、エンジンをスムーズに動かすことができるのです。

次に、気密性を保つための密封作用があります。具体的には、ピストンとピストンリングの隙間を密閉してガス抜けを防ぎ、パワーを維持しています。

次に燃焼によって発生したエンジン内部の熱を吸収して放出することで、オーバーヒートを防ぐ役割があります。

次に燃焼によって発生したエンジン内部の汚れを取り込み、エンジンをキレイに保つ清浄分散作用の役割をあげることができます。

最後にエンジン内の水分や酸が原因で発生するサビや腐敗からエンジンを守る役割です。

このうちのどれか1つが欠けてもトラブルを引き起こす原因となってしまいます。それほどエンジンオイルは車にとって非常に重要な役割を果たしているということが言えるでしょう。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

エンジンを正常な状態に保つ上でエンジンオイルは重要な役割を果たしていますが、エンジンオイルを交換しなかったら車はあらゆる問題を起こしてしまうかもしれません。

交換しないことで起こると考えられている問題には、まず燃費が悪化してしまうということを挙げることができるでしょう。エンジンオイルを交換しないと、本来エンジンオイルが持っている役割である循環作用が低下してしまいます。循環作用が低下することでエンジンの動きが悪くなり、車を動かすために余計な力を必要とします。その分だけガソリンの消費量が増えてしまうので燃費が悪くなるという仕組みなのです。またエンジントラブルの原因にもつながる可能性があります。エンジンオイルが劣化してしまうことで洗浄力が落ち、エンジン内で発生する不純物を除去することができず、不純物が増えてしまいます。このことによってエンジン内部に汚れが蓄積し、エンジンの調子が悪くなるでしょう。加速が鈍ったり、燃費数値が悪くなることが懸念されます。また、エンジンオイルの劣化でオイルの粘度が低下し、金属同士の摩擦を保護することができず、エンジン内部にキズをつけたり、異音を発生させる可能性もあります。なお、そのままの状態で走行を続けることでエンジンの調子が悪くなるだけでなく、冷却不良や潤滑不良を伴い、エンジンの金属同士の摩擦部分が加熱し、溶けてくっついてしまう焼き付きを起こすかもしれません。その場合はエンジン自体がかからなくなる可能性もあるのです。

エンジンオイルの交換目安

エンジンオイルの交換目安ですが、時期は車種によっても異なるものの、大体の目安として、新車時のコンディションを保つためには5000~6000kmで交換するのが良いでしょう。走行距離が少ないからといってなかなか交換しない方もいるようですが、エンジンオイルは空気に触れるだけでも徐々に劣化していくので一定期間で交換するようにしましょう。

 

エンジンオイルの交換は車を安全に走らせるためにも重要です。走行距離が少ないからといってエンジンオイルの交換をしないのはよくありません。適切なエンジンオイル交換をおこない、愛車を快適な状態で維持するように努めることが大切です。